つくる帳

美大卒アニメーターっぽいひとのメモ

女木島の猫

瀬戸内海にある女木島。香川県高松港から船で20分ほどで行ける小さな島です。

 

去年の10月に香川旅行をした際、男木島に泊まろうと思い当日の朝にいくつかの宿へ電話をかけたのですがどこも全滅。

女木島の宿にもかけてみたところ、隣なら営業しているよと教えてもらった「鬼旬」という民宿へ泊まることになりました。

f:id:ahirutoinu:20180119222436j:plain

女木島は鬼ヶ島ともよばれているそうで、島に着くと鬼がおでむかえ。

夏は海水浴場になるらしく、広い砂浜が続いています。

海を端まで歩いたあと、反対の山の方に登って行ってみるとイノシシ注意の看板がありました。

海を渡ってきて繁殖したそうです。

 

民宿の前に子猫が座っていました。

数日前から急に居ついてしまい、かわいいけれど飼えないので困っているそうです。

 

外の椅子に座っていると膝の上に乗ってきて、そのまま3時間眠っていました。

途中、むくっと起きあがって少し離れたところへ行き、うんちをして、戻ってきてまた眠りました。

 

いつか出会いがあったら猫と暮らそうと思い、ペット可の建物に引っ越してから1年ほど。

これは出会いかもしれないので民宿の方にちらっと相談してみたら、「連れて帰って~」と言ってくれた。

けれどこれから数日間、高松の方へ行く予定もあったのでひとまず別れることに。帰るときもう一度寄ってみて、まだいたら連れて帰ろう。

 

帰り、いた。相変わらず懐こい。

民宿の名前から「旬」をもらい、ゴロゴロとしきりに喉を鳴らすのでゴロも入れ、「旬吾朗(しゅんごろう)」と命名。

f:id:ahirutoinu:20180119223515j:plain

家にきたときは生後3ヶ月、1.5キロだった体重が今は3キロに増え、おしゃべりで食いしん坊。

f:id:ahirutoinu:20180119222827j:image

そして初めて出会ったころと変わらず、ほぼ常に膝の上にいる甘えん坊です。